コインチェック開設方法

  1. コインチェックの登録に必要なもの
      1. コインチェックの登録に必要なもの
  2. コインチェックの登録手順
      1. 【コインチェックの口座開設の手順・やり方】
    1. メールアドレスを登録する
    2. 各種重要事項の承諾をする
    3. かんたん本人確認を行う
    4. カメラで、本人確認書類を撮影する
      1. 注意点
    5. 自分の顔を撮影する
      1. 注意点
    6. 二段階認証の設定
    7. 本人確認の審査完了のメールを待つ
  3. コインチェックの入金方法
      1. コインチェックの入金方法
    1. 銀行振込
    2. コンビニ入金
    3. クイック入金
  4. コインチェックでできる仮想通貨の買い方
  5. スマホで仮想通貨を購入する手順
      1. スマホで仮想通貨を購入する手順
    1. PCで仮想通貨を購入1する手順
      1. PCで仮想通貨を購入する手順
  6. コインチェックの手数料
    1. 入出金手数料
    2. 取引手数料
    3. 取引所
    4. 販売所
    5. 暗号資産の入金・送金手数料
      1. 通貨ごとの送金手数料
  7. コインチェックの取扱銘柄
      1. コインチェックの取扱銘柄
  8. コインチェックをおすすめする理由
    1. シンプルで使いやすい
    2. 仮想通貨の取引手数料が無料
    3. スマホアプリが便利
    4. 光熱費がお得になる
  9. コインチェックの審査落ちした場合の対策
    1. 資産を作る
    2. 他の会社に申し込みをする
  10. コインチェックの登録でよくある質問
    1. コインチェックの本人確認は危険?
    2. コインチェックに登録して取引開始までにかかる時間は?
    3. コインチェックの審査に落ちたらどうする?
    4. コインチェックの口座開設は誰でもできる?
    5. コインチェックは違法ではありませんか?
  11. まとめ
      1. 【コインチェックの口座開設の手順・やり方】
      2. コインチェックの登録に必要なもの

コインチェックの登録に必要なもの

まずは、コインチェックの登録に必要なものについて詳しくご紹介していきます。
コインチェックに登録する際は、以下のものが必要になります。

コインチェックの登録に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許書・パスポート・運転経歴証明書・住民基本台帳カード・個人番号カードなど)
  • 銀行口座
  • メールアドレス

コインチェックは上記3点があればすぐに登録することが可能です。

本人確認書類は自分の住んでいる住所と一致していなければいけません。

さらに、銀行口座も同様に家族などの銀行口座を使用することはできず、自分名義の口座しか登録できませんので、注意が必要です。

また、メールアドレスはドコモやソフトバンクなどのキャリアケータイのアドレスだけではなく、GmailやYahoo!メールなどのフリーアドレスでも口座開設が可能です。

コインチェックの登録手順

【コインチェックの口座開設の手順・やり方】

  1. メールアドレスを登録する
  2. 各種重要事項の承諾をする
  3. かんたん本人確認を行う
  4. 二段階認証の設定
  5. 本人確認の審査完了のメールを待つ
  6. 口座を登録する

コインチェックは上記の手順で口座開設をしていきます。
それでは、手順に沿ってご紹介していきます。

メールアドレスを登録する

コインチェックの口座開設をする場合は、まずはコインチェックの公式サイトを開き、「会員登録」ボタンをクリックします。
すると、以下のような画像が表示されます。

このような画面が表示されましたら、画面の指示に従ってメールアドレスとパスワードを入力して会員登録を進めてください。

メールアドレスは先ほど紹介した通り、ドコモやソフトバンクなどのキャリアケータイのアドレスだけではなく、GmailやYahoo!メールなどのフリーアドレスでも会員登録可能です。

メールアドレスを入力すると、自分が登録したメールアドレス宛にコインチェックからメールが届きますので、メールが届いたらメールに記載されたURLをクリックし、アカウント開設完了です。

各種重要事項の承諾をする

アカウント開設が完了すると、以下のような画面が表示されます。

画面の上部に記載されている「サービ利用における、各種重要事項の承諾について」を画面の指示に従って登録してください。

かんたん本人確認を行う

次に、本人確認を行います。

本人確認では電話番号を入力して、届いたSMSに表示されている6桁の番号を入力してください。

かんたん登録では、スマートフォンで本人確認書類と自分の顔写真・動画を撮影して送信することで、簡単にインターネット上で口座開設の手続きが完結するサービスです。

カメラで、本人確認書類を撮影する

かんたん本人確認を選択し、画面の指示に従ってカメラで本人確認書類を撮影します。

本人確認書類書類は運転免許書・パスポート・運転経歴証明書・住民基本台帳カード・個人番号カードなどが使えます。

顔写真付きの身分証しか手元にない場合は、顔写真付きの身分証を作るか、ハガキによる本人確認を選択してください。

本人確認書類を撮影する場合は、以下の点に注意してください。

注意点

  • 有効期限内であるか
  • 記載されている文字が鮮明であるか
  • 裏面も撮影しているか

本人確認の詳しい書類はこちらをご確認ください。

自分の顔を撮影する

本人確認書類の撮影が完了しましたら、次にカメラで自分の顔を撮影します。

自分の顔写真を撮影する場合は、以下の点に注意して撮影してください。

注意点

  • スクやサングラスは外して撮影する
  • フラッシュを使わず、明るい場所で撮影する
  • 顔と先ほど登録した本人確認書類を一緒に写す

二段階認証の設定

続いて、二段階認証の設定を行います。

二段階認証は安全に取引を行うためにセキュリティ認証の強化のために採用されているセキュリティ手法です。

iPhoneを利用している人は「iOSアプリ」、androidを利用している人は「androidアプリ」を選択して設定してください。

二段階認証は画面に表示されるQRコードを読み込み、6桁の番号をフォームに入力すると完了します。

二段階認証は強制ではありませんが、万が一に備えて二段階認証を設定しておきましょう!

本人確認の審査完了のメールを待つ

コインチェックの登録が完了しましたら、本人確認の審査完了のメールを待ちましょう。

本人確認の確認作業は1~2営業日で完了するため、しばらく待ってください。

コインチェックは本人確認が完了した後に取引が可能になります。

また、本人確認が完了して3~4営業日程度でコインチェックから書留郵便が届きます。

これを受け取らないと、本人確認がやり直しになる可能性もあるため、必ず受け取るようにしてください。

コインチェックの入金方法

続いて、コインチェックの入金方法についてご紹介していきます。

コインチェックで口座開設が完了しても、入金が完了しないと取引が行えませんので、取引を行う前に必ず入金を済ませておきましょう。

コインチェックは以下の方法で入金することができます。

コインチェックの入金方法

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

それでは、それぞれの入金方法について詳しくご紹介していきます。

銀行振込

銀行振込でコインチェックに入金する場合は、コインチェックのマイページを開いて「日本ンの入金」をタップして入金方法の中から「銀行振込」を選択してください。

すると、コインチェックに入金するための振込先口座情報が表示されるため、その口座に自分が入金したい金額を振り込みます。

銀行振込で利用できる銀行口座はみずほ銀行・三井住友銀行・埼玉りそな銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行などの都市銀行から、北海道銀行や山梨中央銀行などの地方銀行も利用可能です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

コンビニ入金

コンビニ入金は、その名前の通り、コンビニで入金を行う方法です。

全国のコンビニエンスストアで簡単に手元の現金を入金することができ、入金後はすぐにアカウントに入金額が反映されるというメリットがあります。

入金できるコンビニエンスストアはローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマートなどになります。

※コンビニ入金で入金する場合、事前にSMS認証しておく必要がありますので、注意してください。

クイック入金

クイック入金は、お持ちのパソコンやスマホ、ATMから入金できる入金方法です。

24時間365日いつでもどこでも入金することができ、すぐに入金したい時などにおすすめの入金方法です。

※クイック入金をする倍は、事前にSMS承認を設定しておく必要があります。

コインチェックでできる仮想通貨の買い方

ここからは、コインチェックでできる仮想通貨の買い方についてご紹介していきます。

コインチェックで仮想通貨を買う場合は、スマホとPCで手順が異なりますので、それぞれ詳しくご紹介していきます。

スマホで仮想通貨を購入する手順

まずは、スマホで仮想通貨を購入する手順についてご紹介していきます。

スマホで仮想通貨を購入する手順は以下になります。

スマホで仮想通貨を購入する手順

  1. マイページの画面下部に表示されている「販売所」をタップ
  2. 表示されている仮想通貨の中から購入する仮想通貨を選択する
  3. 「購入」をタップ
  4. 購入した金額を入力して、「日本円でビットコインを購入」「購入」の順にタップ

スマホで仮想通貨を購入する場合は、上記のような手順で簡単に仮想通貨を購入することができます。

スマホであれば場所なども気にせずにいつでもどこでも仮想通貨を購入できますが、購入する前に自分の購入したい金額分の資産が入金されているかを必ず確認してください。

PCで仮想通貨を購入1する手順

続いて、PCで仮想通貨を購入する手順についてご紹介していきます。

PCで仮想通貨を購入する手順は以下になります。

PCで仮想通貨を購入する手順

  1. マイページにログイン後、画面上部に表示されている「ウォレット」をクリック
  2. 切り替わった画面で「コインを買う」をクリックし、自分の購入したい仮想通貨を選択する
  3. 購入したい数量を指定し、表示された購入金額を確認
  4. 「OK」をクリックして購入完了

コインチェックで仮想通貨を購入する場合、PCからでも購入することができます。

基本的にスマホでもPCでもコインチェックで仮想通貨を購入することができますので、自分の好きな方法で仮想通貨を購入してください。

コインチェックの手数料

コインチェックでは入金時、取引時、暗号資産の入金・送金に手数料がかかります。

手数料は数百円程度になりますが、何度も入金したり、取引をすると、手数料だけでかなりの損をしてしまう可能性もあるため、事前にコインチェックの手数料を把握しておくことをおすすめします。

入出金手数料

コインチェックでは、コインチェックの指定の口座に入金する際に入金手数料がかかります。

銀行振込(日本円)無料(振込手数料は負担)
コンビニ入金3万円未満770円
3万円以上30万円以下1,018円
クイック入金3万円未満770円
3万円以上50万円未満1,018円
50万円以上入金額×0.11%+495円

コインチェックでは上記のような入金手数料が発生します。

単純計算でコンビニ入金で1か月に1回3万円の入金をする場合、1年間で12,216円の手数料がかかります。

そのため、入金する際は、できるだけ手数料がかからない入金方法で入金することをおすすめです。

また、出金手数料は日本円で一律407円になります。

取引手数料

コインチェックで取引を行う場合、「取引所での取引」・「販売所での取引」の2つの方法で取引ができ、それぞれで手数料が異なります。

取引所

取引所で取引を行う場合の手数料は基本的に無料です。

取引所ではユーザー同士で直接やりとりをすることができ、ビットコインなどを頻繁に取引したい人や指値注文や逆指値注文などを利用する人にはおすすめです。

販売所

販売所で取引をする場合の手数料は基本的にスプレッドが手数料のような位置づけとなります。

そのため、スプレッドで注文する時の金額差によっても手数料が異なります。

暗号資産の入金・送金手数料

コインチェックでは、暗号資産を入金・出金する際にも手数料が発生します。

コインチェックでは、通貨ごとに送金手数料が異なるため、注意が必要です。

通貨ごとの送金手数料

  • ビットコイン(BTC):0.0005 BTC
  • イーサリアム(ETH):0.005 ETH
  • イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC
  • リスク(LSK):0.1 LSK
  • ファクトム(FCT):0.1 FCT
  • リップル(XRP):0.15 XRP
  • ネム(XEM):0.5 XEM
  • ライトコイン(LTC):0.001 LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH
  • モナコイン(MONA):0.001MONA
  • ステラルーメン(XLM):0.01XLM
  • クアンタム(QTUM):0.01QTUM
  • ベーシックアテンショントークン(BAT):63.0BAT
  • アイオーエスティー(IOST):1.0 IOST
  • エンジンコイン(ENJ):30.0 ENJ
  • オーエムジー(OMG):5.0 OMG
  • パレットトークン(PLT):72.0 PLT

コインチェックの取扱銘柄

続いて、コインチェックの取引銘柄についてご紹介していきます。

コインチェックでは以下の銘柄で取引することができます。

コインチェックの取扱銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

※2022年1月現在

コインチェックをおすすめする理由

取引所はコインチェック以外にも数多くありますが、コインチェックにはどんなメリットがあるのでしょうか?

コインチェックの主なメリットは以下になります。

  • シンプルで使いやすい
  • 仮想通貨の取引手数料が無料
  • スマホアプリが便利
  • 光熱費がお得になる

それでは、詳しくご紹介していきます。

シンプルで使いやすい

仮想通貨の取引と聞くと、難しく考えてしまう人も多いですが、コインチェックは他の取引所よりもシンプルで初心者でも使いやすいというメリットがあります。

仮想通貨の取引でよく見かける、板を使ったトレードではなく、実際に画面を見て売買するため、初心者にもわかりやすいです。

仮想通貨の取引手数料が無料

コインチェックは仮想通貨の取引手数料が無料です。

取引手数料はトレードを行うたびに発生するため、取引量が多ければ、その分手数料のコストが大きく発生してしまいます。

しかし、コインチェックは仮想通貨の取引手数料が無料となっているため、取引にかかるコストを大きく削減することができます。

スマホアプリが便利

コインチェックでは専用のスマホアプリを使ってチャートや時価評価額を確認できるだけではなく、アプリから日本円の入金や暗号資産の購入・売却、受取と入金が簡単にできます。

スマホアプリがあれば基本的に取引に困ることはありませんので、取引のチャンスを逃すことなく、いつでもどこでも専用のアプリで取引できる点が優秀です。

光熱費がお得になる

コインチェックでは電気代やガス代をビットコインで支払うことができます。

毎月の光熱費を仮想通貨を使って支払うことで、既存の光熱費が1~7%ほどお得になります。

コインチェックの審査落ちした場合の対策

続いて、コインチェックの審査落ちした場合の対応についてご紹介していきます。

そもそも、コインチェックは無職の人でも口座開設することができるため、審査落ちすることも少ないですが、万が一コインチェックの審査落ちした場合は、まずは「申し込み情報の確認」を行ってください。

申し込み時の情報が間違っている可能性も考えられるため、一度確認してください。

それでも審査落ちしてしまう場合は、以下の対策を実施してみてください。

  • 資産を作る
  • 他の会社に申し込みをする

それでは、それぞれご紹介していきます。

資産を作る

コインチェックの口座開設の審査に落ちた場合の原因として「資産不足」が考えられます。

資産が不足していると、審査が通りにくくなる可能性もあるため、できるだけ資産を増やしてもう一度申し込みしてみてください。

他の会社に申し込みをする

コインチェック以外にも日本では様々な取引所があります。

コインチェックがダメでも他の取引所では口座開設することができる可能性もあるため、別の取引所で口座開設してみることも一つの手法です。

コインチェックの登録でよくある質問

最後に、コインチェックの登録でよくある質問についていくつかご紹介していきます。

以下の質問に回答していきますので、参考にしてください。

  • コインチェックの本人確認は危険?
  • コインチェックに登録して取引開始までにかかる時間は?
  • コインチェックの審査に落ちたらどうする?
  • コインチェックの口座開設は誰でもできる?
  • コインチェックは違法ではありませんか?

それでは、それぞれ確認していきましょう!

コインチェックの本人確認は危険?

コインチェックの本人確認は危険ではありません。

始めてコインチェックなどの取引所を利用する場合、「個人情報が漏れるのでは?」と考える人もいらっしゃると思いますが、これまでコインチェックでは個人情報が漏れたなどの事例もありません。

コインチェックに登録して取引開始までにかかる時間は?

コインチェックを利用する場合、登録・口座開設の申し込み・審査などがあるため、口座開設まで数日かかります。

登録自体は2~3営業日で完了し、そこから後日郵送物が届くまでも2~3営業日までかかるため、1週間程度で取引を開始することができます。

コインチェックの審査に落ちたらどうする?

コインチェックの審査に落ちた場合、再度申し込みをすることは可能です。

コインチェックなどの仮想通貨の場合は、申し込みの審査に落ちたとしても、個人信用情報がブラックになることもないため、安心して申し込みをしてください。

コインチェックの口座開設は誰でもできる?

コインチェックの口座開設をする場合、以下の条件に当てはまる人しか口座開設をすることはできません。

  • 20歳以上75歳未満
  • 日本国在住

コインチェックは違法ではありませんか?

コインチェックは日本の金融庁に仮想通貨交換業者として登録している、安心のサービス業者です。

さらに、コインチェックを運営しているコインチェック株式会社は東証一部上場企業のマネックスグループの子会社でもあり、今までに違法性や詐欺などの事例もないため、安心して利用できます。

まとめ

今回はコインチェックの登録手順やコインチェックでできる仮想通貨の買い方などについて詳しくご紹介してきました。

初めて仮想通貨取引をする場合、取引所の口座開設の手順が分からない人も多いですが、コインチェックは以下のような簡単なステップで口座開設が可能です。

【コインチェックの口座開設の手順・やり方】

  • メールアドレスを登録する
  • 各種重要事項の承諾をする
  • かんたん本人確認を行う
  • 二段階認証の設定
  • 本人確認の審査完了のメールを待つ
  • 口座を登録する

コインチェックの登録に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許書・パスポート・運転経歴証明書・住民基本台帳カード・個人番号カードなど)
  • 銀行口座
  • メールアドレス

コインチェックは口座開設も簡単なステップで完了し、日本に住んでいる20歳以上75歳未満であれば誰でも利用できますので、少しでも気になる人はぜひ、コインチェックを利用してみてはいかがでしょうか。

また、コインチェックはキャンペーンを利用することで、お得にビットコインを受け取ることができるため、キャンペーン開催中であれば、キャンペーンを活用して、お得にビットコインを受け取ってください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました